書くことでつながる女性たちの広場

Z世代とWife世代を繋ぐもの

Wife編集長の自然体ecoライフ(編集長ブログ:有料ゴミを出したくない)には会員もいつも感心しておりますが、編集長は 「こんなこと昔は当たり前だったのよ〜、あんまり若い人に押し付けても嫌がられるからねー」と、あまりアピールしようとはされません。でもネットでこんな記事を見つけました。 『「Z世代…

出櫃(カミングアウト)―中国 LGBTの叫び 横浜シネマリン

4月10日(土)〜 横浜シネマリンで、中国に住む性的マイノリティの若者に密着したドキュメンタリー「出櫃(カミングアウト)」の上映がはじまります。東京ドキュメンタリー映画祭2019 短編部門グランプリ受賞作❗️ 4/10(土) 12:00~の上映終了後には、 房満満監督が…

残念ながら、まだ全然時代遅れになってない

テレビ朝日の報道ステーションがやらかしてしまった。 「ジェンダー平等をかかげるのは時代遅れ」報道ステーションの女性蔑視CMがネットで炎上 会社から帰ってきた若い女性が画面に向かって喋りかける。 「会社の先輩、産休あけて赤ちゃん連れてきてたんだけど、もうすっごいかわいくって。どっかの政治家が『ジ…

一人一人の声が大事にされる社会に!

Wife編集長のブログから抜粋。未だに残るおかしな校則の話。 私立ならともかく、公立の学校の理不尽な校則に驚く。例えば、元々茶色っぽい髪なのに、黒く染めなさいと親に通達する教育者の感覚って、まるで戦時中の発想ではないか。こんなに帰国子女が増え、大坂なおみのように海外で活躍する人が出てきているのに、…

2/20 雑談会報告です 次号締め切りは3/20‼️

もう3月も半ばです、早いなぁ。ソメイヨシノの蕾も膨らんでますね 次号締め切りも近づくので今回は先日の雑談会報告をUPします。参加者は6名。和気藹々とおしゃべりしました😊 394号に掲載された、コロナ騒動を機に福島や伊豆に移住した人たちのアクティブな話はほかの会員さんにも影響を与え…

『主婦を問い直した女たち』:井戸まさえさんの書評紹介

ジャーナリストの井戸まさえさんが「主婦を問い直した女たち」、そして投稿誌わいふ/WifeについてTwitterで語ってくださいました。ここにまとめて掲載します。 『主婦を問い直した女性たち-投稿誌『わいふ/Wife』の軌跡にみる戦後フェミニズム運動』(池松玲子・勁草書房)。 森元総理による女…

本気のライター養成講座 ーWife会員の活動紹介 その3ー 

Wifeのエッセイセミナーなどで、会員にはおなじみの森恵子さんが4月から「プロのライターになって稼ぎたい!」という人のための「ライター養成講座」を開講されます。 オンラインなので遠くに住んでいる人も大丈夫👍 受講期間はみっちり1年間。 講師はこれまたWife会員にはおなじみライ…

夫婦のバランスは難しい

Wife編集長ブログに、こんな記事がありました。道を歩いていた時にご近所さんから聞こえて来た声です。 「あなた、昼ご飯何にする?」 「…任せるよ」 「任せるったって、そういうのが困るのよね。うどんとか、なんとか言って…」 庭に出て何やら植物の世話をしているらしい旦那さんに、家の中から奥さんが…

在宅ひとり死のススメ:Wife339号「PPK(ピンピンコロリ)の話」

上野千鶴子さんの「在宅ひとり死のススメ」アマゾン売れ行きNo.1らしいです。 長生きして子や孫に囲まれて、畳の上で最期を迎える。それが「あるべき生き方」と信じられてきた時代がありました。 でも、こんなタイトルの本が売れるということは、 「そんなの無理な社会になった」のか、 それとも「元々そん…

コロナを越えて:もうすぐ春です

アカヒレさんが、勤務先の小学校の様子を知らせてくれました。 春の足音が聞こえてきますね〜💕 ーーーーーーーーーーーーー 2年生が去年の11月から育てていたヒヤシンスの花が咲きました。ペットボトルを切って作った容器での水栽培です。 2月の初めまでは、濃いピンクの球根が芽を出すの…