書くことでつながる女性たちの広場

Wife390号 発行しました!

お待たせしました!2020年2月1日発刊Wife390号です。今回はちょっとぶ厚い!作品をチョットだけ紹介します。
★特集「同窓会」
2編の投稿がありました。学生時代に場所と時間を共有した仲間―そこは日常の人間関係とは切り離された空間。思い切って参加して新たな世界を見つけた話。何事も積極的に向き合うと得るものがあるのですね。
★住み替え日記・後半
オンナ六十代後半、一人暮らし。老後に向けて持ち家を売却したいけど、世の中は弱肉強食。不動産屋は少しでも安く買いたたいて利益を上げようと狙ってくる。でも、か弱い老女と見くびられて言いなりになるなんて嫌!人生は闘い。負けるもんかと、親族や業者と交渉する住み替え奮闘記。オンナでも、高齢者でも、自分の幸せは自分でつかまなくっちゃ!その決断と行動力に拍手です。
★私を狙わないで2
男の恋は別名保存、女の恋は上書き保存と言いますが・・・。銀座で小さなお店を開いている筆者の元にお客さんとして通ってくる元カレ。お店を経営していくためには、もしかしたら新たなロマンスが?なんていう男の勝手な妄想とも上手につきあわなければなりませぬ。銀座のママの処世術、参考になります。
★重くないお土産
里帰りした娘を気遣って交通費だからといつも一万円札を渡してくれた母に認知症の症状が出始めて…でも感傷に浸ってばかりはいられない現実がそこにある。「親の介護に通う娘」というキレイな言葉の前に横たわる現実をユーモアを交えて描いた心暖まる作品です。
そのほかにも
・オートバイ免許
・東京国際映画祭を楽しむ
・ローマ教皇来日
・リタイア夫は取扱注意
など、興味をそそる話題が揃っています。
Wife390号(定価1080円税込)購読希望の方は info@wife.co.jp までご連絡ください。

関連記事

    • 読者です
    • 2020年 2月 19日

    読者です。

    アカヒレさんの「親切にされる男」が最高に面白かったです。
    次から次へと親切な人が現れるファンキーな昔話
    というところ笑えました。
    こんなことが起きているなんてと教えてくれるフィクションのないWifeが大好きです。

    • kemkem
    • 2020年 2月 19日

    読者さま、

    Women’s Life21運営担当のkemkemです。
    390号への感想ありがとうございます!
    今号はいつもに増して力作揃いで、ピックアップに苦労したんですが、「親切にされる男」も興味深かったですよね、シリアスな現実をファンキーな昔話に転換しちゃうアカヒレさんの「生きる力」もすごいし、日本も捨てたものでもないかもしれない、と思って、ちょっとホッとしますよね。

    みなさま、ほかにも感想お待ちしてます(^ ^)/

  1. この記事へのトラックバックはありません。