書くことでつながる女性たちの広場

東京オリンピック……思いは人それぞれ

オリンピック、始まりました。アスリートたちの悲喜こもごもが連日報道されていますが、さて、我々一般人は何思う?
異例ずくめのオリンピック、思ったこと、感じたことを書き留めておきたいですね。
★まずはWife編集長の開会式感想 ブログから転載です。
聖火リレーの最終ランナーは「どらえもん」にしてほしかったなあ~、40代の息子の言い分。
こんなに長い間生きてきたが、リアルタイムで最初から最後まで、オリンピックの開会式をみたのは初めてかもしれない。ほかのチャンネルが面白くなかったということもあるけれど、ちょうどいい時間帯だからやっぱりみてしまう。夜空に地球が浮かび上がったときには、同世代の友人たちとのLINEが大盛り上がり。自宅の屋上からバッチリ撮れた画像が送られてきて、たちまち「いいね」の山となった。
ただし、この開会式は長すぎた。途中で「寝落ち」した人続出。NHKの放送予定枠に収まりきらず、ぷっつり尻切れトンボでニュースに入ってしまったのには、笑える。
選手入場のバックに流れていたのがドラクエなどのゲームナンバーだったそうだが、ゲームなどしたことがない年寄り組にはハテ何のことやら・・・。しかもよく聞こえない。
テレビのコントをみているような場面や、せっかくの海老蔵さま登場も、あの場には要らない、なんて一人でコメントしていたら、まったく逆に評価が高かったり・・・。
はなから無観客でテレビ観戦を想定していた演出なのかしら、なんて思ったりした。
そして、大坂なおみの登場に喜んだ私に言ったのが、冒頭の息子のドラえもん発言だ。いろんな感想があるもんだ。それにしても、コロナ、コロナでオリンピック開催に批判的だったテレビ局が、いっせいに手のひらを返して
「まるごと一日オリンピック」だと😯
まっ、いいか。
★そしてWifeで最近新アイテムを紹介してくれているあつこさんのレポート(アイキャッチ画像も❤️)。
今日(7/26)のさいたまスーパーアリーナです。バスケットボールの会場です。
アリーナは厳戒体制で、一切そばに寄れなかったのですが大きなオーロラビジョンはどこからでも見えました。ジムがスーパーアリーナの中に入っているので、少し見られるかなぁと思ったらとんでもなかったです。フェンスで囲われていました。
*********
さいたま新都心駅かまぼこ屋根には浮世絵で各国の紹介が。
細かく見ると、ひとつひとつ考えられている。
きっと会場となったいろいろな場所で、いろいろなおもてなしが考えられていたのだ。
そして無観客試合となった今でもそのおもてなしの一部をこうやって見ることができる。

頑張っているのは会場となったすべての市。
そして関わった人たち。
そんな頑張る気持ちを探すのも、オリンピックの新しい楽しみ方だ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。