書くことでつながる女性たちの広場

Withコロナの時代  小学生の思い出プロジェクト

この1年、コロナ禍のためにあれもこれも我慢しなければならなかった子供たち。でも何か友だちとの思い出を作りたい!
そんな小学生たちのことをアカヒレさんがレポートしてくれました。

🍀思い出プロジェクト🍀
コロナ自粛で今年の6年生には、最高学年としての行事がありませんでした。
そこで、子どもたちは学年で学校の体育館に泊まって一緒の時間を過ごす「思い出プロジェクト」を立ち上げました。
先ずは、保護者会で理解を求めるところからです。
「私たちも、運動会で1年生のお世話をしたかったです」
「僕たちも、修学旅行に行き、一緒に星を眺めたかったです」
「そこで安心、安全なプランを考えたので、ご理解、ご協力をお願いします」
大人たちの賛同を得ることができました。
当日6年生の授業は無く、思いきり校庭で遊んだあと、理科室で、夜に使うキャンドルづくりをしました。その後、プロジェクト特製の帽子を被って記念写真を撮ったら、3時頃、一時解散です。
家で入浴後、夕方に再び集まってキャンドルを灯し、係の用意したお弁当を食べて、体育館で寝袋に入って寝ました。
なかなか例年通りにいかないことばかりだけれど、何もできなかったではなく、自分たちでできた思い出が残るといいね☺️
ーーーーーーーーー
イラストはキャンドルづくりの様子です。きっと先生方もたくさんサポートしたんでしょうけど、それでも子供が自分達でつかんだ思い出づくり……こういうのが本当の教育なんだろうなあ。コロナに負けずに頑張れ、子供たち❗️
生活に根ざした色々な視点からみんなで世の中を考える!そんな投稿誌「Wife」にあなたも書いて見ませんか!?最新刊は393号(2020年11月発行)。購読希望の方はinfo@wife.co.jpまでご連絡を!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。