書くことでつながる女性たちの広場

コロナ騒動に向き合う マスクの話

コロナ騒動で、地味で日陰の存在だったマスクが一躍脚光を浴びました。日本政府の目玉コロナ対策、「アベノマスク」。すでに不織布市販マスクもかなり入手し易くなっていますが、日本各地に届くのはいつになるのでしょう。マスクに関する話題をWife編集長のブログから拾いました。
アベノマスクはまだ我が家に届かない。東京都から優先的に配っているそうだが、多摩地区は東京であって東京ではないのだ。マスクはすでに手に入りやすくなっている。「送ってあげるよ、こっち普通にマスク買えるから」と大阪の息子が言ったのは、3週間ほど前だった。ガーゼのマスクが、もし明日我が家の郵便ポストに入ったとしても、ありがたみはゼロだ。配布にかかった何十億、何百億円の大無駄遣いというわけだ。ばかばかしい! 一律10万円も、もらえるころにはすっかり元通りの経済活動になっているのかも。
何度も書いたかもしれないが、散歩や買い物の際に私が使っているのは、ハンカチマスク。ハンカチをたたんで、端に100均で買った髪ゴムをくぐらせただけのものだ。昔流行った派手な柄、ブランドハンカチ、ただ白いだけのもの、薄手のおしゃれハンカチ、スカーフのようなものなど、手持ちのあらゆるハンカチで試したなかで、最もしっくりしたのがシンプル柄の男物大判ハンカチだった。鼻から顎までふわっと包み隠せるし、呼吸もしやすい。家に帰れば、洗濯機にポンポン入れて、次にまた好きなものを折りたたんでマスクにする。
捨てるに捨てられず、一生使うことがなかっただろう頂き物の大判ハンカチが、大活躍している。濃いめの色でおしゃれ過ぎる柄だと、まるでギャングのようになってしまうこともあるが・・・。外に出るときはこのハンカチマスクで顔の半分を隠しているから、すっかり化粧という行為を忘れてしまった。
Wife会員のメーリングリストにも「ミシンでマスク手作りしました」との声がたくさん届いています。ボランティアで学校や施設に届けたという人も。手作りする人が増えたので、ガーゼやマスク紐、果ては白糸まで入手困難になった時期もあったとのこと。マスクは今まで「安いものを使い捨てる」というのが常識だったけど、これが今回の騒動で「足りないものがあったなら、家にあるもので工夫してつくる」「足りないところに融通し合う」という動きに変化したのは良いことですね。我らの政府には「マスク二枚を迅速に配布するだけの力もない」という現実もしっかり認識できて・・・現実を直視する上でも役に立った、かな?😅

生活に根ざした色々な視点から世の中を考えることのできる投稿誌「Wife」にあなたも書いて見ませんか!?最新刊は391号(2020年5月発行)。購読希望の方はinfo@wife.co.jpまでご連絡を!Wife編集長のブログ(ほぼ毎日更新)も面白いですよ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。