書くことでつながる女性たちの広場

Withコロナの時代  小学生の思い出プロジェクト

この1年、コロナ禍のためにあれもこれも我慢しなければならなかった子供たち。でも何か友だちとの思い出を作りたい! そんな小学生たちのことをアカヒレさんがレポートしてくれました。 🍀思い出プロジェクト🍀 コロナ自粛で今年の6年生には、最高学年としての行事がありません…

Withコロナの時代 学校マスク事情

Wife393号には乳児がマスクをつけた人たちに囲まれて育つことによる影響を心配する声が掲載されていました。 学校など人が他者との関係を築いていく場所で、三密を避ける、マスク着用など、他者との距離をとるように指示しなければならない先生たち、大変だろうと思います。 小学校の図書室で働いているアカヒ…

「何を怖れる」他フェミニズム映画上映のお知らせ

フェミニズムの第一世代として時代を駆け抜けた12人の女性のドキュメンタリー「何を怖れる」他、4本のフェミニズム映画が上映されます。 期間: 12月5日(土)〜11日(金) 場所: 大塚シネマハウス 入場料:1500円(シニア、障がい者、学生割引あり) 5日14時の「何を怖れる」上映後には松井…

「永遠のいま」という言葉を聞いた―松井久子さんの想い

Wife393号には、障害を持った人や外国籍の人に対する差別的扱いに関しての報告がありました。いくら声高に「変えて行こう」と叫んでも変らないように見える日本の社会……この社会を若い人たち、いや私たちはどう見ているのか。私たちには何ができるのか。 Wifeにも関わりの深い映画監督松井久子さんのF…

Wife393号をネタに雑談する会(オンライン開催)

秋色Wife、全国の皆様の元に届きましたでしょうか⁉️ 今回もいろいろな投稿、興味深かったですねー😄 Aさんの事故の話には驚きました!よくぞご無事で。ずっと前、とても気に入った車を手に入れた、という投稿を読んだのを覚えています。愛車が命を守ってくれたの…

特集 母と娘 老いた母を想う

老いた母とどう向き合うか……最新号Wife393号でも、老いた母と娘の困難な関係についての報告が多数掲載されています。今回はWife編集長のブログから、母と娘の葛藤の日々を振り返るエッセイを転載します。 ● 医療用ストッキング 指を骨折したのは、昨年の4月だった。仕事の予定が詰まっていたので無理…

Wife393号もうすぐ発送!

すっかり秋は深まって、シチューやおでんのCMに心揺さぶられる季節になりました。さてお待ちかねWife393号(11月1日発行)は、ただいま印刷中‼️もうすぐ紅葉の便りとともに、日本全国の会員のみなさんのところに届きます🍂🌰。 今回は8月に…

今、イチ推しのドラマ、ありますか!?

おうち時間が増えて、TVドラマを観ることが多くなったでしょうか?とはいえ最近はYou TubeやNetflixなど動画配信サービスもあるから、昭和の時代みたいに「みんなが同じドラマに熱狂する」って言う現象はもう起こらないかな……いや、昔の人気ドラマだって、実は「みんな」見ていたわけじゃない⁈ Wif…

Wife393号 締め切り間近!!

ようやく酷暑の夏が終わり、秋の気配が感じられるようになりました😅 そして、9月17日は、Wife393号の原稿締切日です❗️ みなさん、書いてますかー、392号も読み返しておさらいしましょうねー😊 特集は「男友達」「女友達」。男でも、…

8/30オンライントーク報告  テーマは母と娘、姉と妹の関係

「Wifeに掲載されている作品の著者ってどんな人?作品の背景をもっと知りたい、聞いてみたい!」ということで、 今回はWife392号特集「母と娘の関係」に、母親との困難な対話と母への想いをセキララに綴ってくれた真野由美子さんに、仲野マリさんがインタビューしました。 参加者は50代から80代まで。…