書くことでつながる女性たちの広場

わいふ/Wife の未来

管理人はWifeに長く投稿しているMさんと時々手紙をやりとりしています。ある日、Mさんから以下の手紙が届きました。わいふ元編集長田中喜美子さんに語りかけるために書いたものとのことです。面白いのでWifeに投稿すればいいのにと思いましたが、ちょうど締め切りがすぎた後だったので、ならばウェブに掲載しても…

トンネルに出口はあるのか

あーあ、やっぱりね。 「緊急事態宣言、延長へ」のニュースを聞いてもそうとしか思えない。元々、期待なんかしてなかった。 感染者を抑えるため。医療崩壊を防ぐため。 「不要不急の外出は控えましょう」 「重症者数が増えているので、医療措置を受けられずに亡くなる方もいます」 脅されたり、お願いされた…

女たち それぞれの通り道

投稿誌Wife395号、お手元に届いたでしょうか? 今回も力作が揃いました。 黙っていられない思いを文字に込めた人、日常の心の動きをていねいに書き綴った人、積極的体験レポートなど、表現は様々。 4000字を超える大作から200字のひとことまで、長さも様々。 どの作品からも、自分の人生に向き合…

Wife395号、ただいま印刷中〜

例年より早めに桜前線が駆けぬけた(今は北海道あたりでしょうか⁈)2021年、春🌸 若葉の緑がまぶしい季節がやってきました🌿 そして投稿誌Wife395号はただいま印刷中です。ゴールデンウィーク頃には全国の会員の皆様のお手元に届くことでしょう。 今号の特集は「…

遠くへ行きたい…だけど

「天王寺アイルのマンションの26階で、2時間ほどインタビュー。目の前に広がる品川の海やお台場のビル群が、私の日常とはかけ離れていた。あまりにも天気が良くて空も青いから、そのまま帰るのがもったいない。あ~どこかにいきたい~。りんかい線で大崎から新宿へと、黙々と電車に揺られるはずだったが、手前の大井町で…

Z世代とWife世代を繋ぐもの

Wife編集長の自然体ecoライフ(編集長ブログ:有料ゴミを出したくない)には会員もいつも感心しておりますが、編集長は 「こんなこと昔は当たり前だったのよ〜、あんまり若い人に押し付けても嫌がられるからねー」と、あまりアピールしようとはされません。でもネットでこんな記事を見つけました。 『「Z世代…

出櫃(カミングアウト)―中国 LGBTの叫び 横浜シネマリン

4月10日(土)〜 横浜シネマリンで、中国に住む性的マイノリティの若者に密着したドキュメンタリー「出櫃(カミングアウト)」の上映がはじまります。東京ドキュメンタリー映画祭2019 短編部門グランプリ受賞作❗️ 4/10(土) 12:00~の上映終了後には、 房満満監督が…

残念ながら、まだ全然時代遅れになってない

テレビ朝日の報道ステーションがやらかしてしまった。 「ジェンダー平等をかかげるのは時代遅れ」報道ステーションの女性蔑視CMがネットで炎上 会社から帰ってきた若い女性が画面に向かって喋りかける。 「会社の先輩、産休あけて赤ちゃん連れてきてたんだけど、もうすっごいかわいくって。どっかの政治家が『ジ…

一人一人の声が大事にされる社会に!

Wife編集長のブログから抜粋。未だに残るおかしな校則の話。 私立ならともかく、公立の学校の理不尽な校則に驚く。例えば、元々茶色っぽい髪なのに、黒く染めなさいと親に通達する教育者の感覚って、まるで戦時中の発想ではないか。こんなに帰国子女が増え、大坂なおみのように海外で活躍する人が出てきているのに、…

2/20 雑談会報告です 次号締め切りは3/20‼️

もう3月も半ばです、早いなぁ。ソメイヨシノの蕾も膨らんでますね 次号締め切りも近づくので今回は先日の雑談会報告をUPします。参加者は6名。和気藹々とおしゃべりしました😊 394号に掲載された、コロナ騒動を機に福島や伊豆に移住した人たちのアクティブな話はほかの会員さんにも影響を与え…

主婦を問い直した女性たちー投稿誌『わいふ/Wife』の軌跡にみる戦後フェミニズム運動

投稿誌わいふの50年 普通のおんなの証言集