書くことでつながる女性たちの広場

田中喜美子さん@朝日新聞の取材‼️

8月5日発行の朝日新聞、リレーおぴにおんの欄に元わいふ編集長、田中喜美子さんが登場しました。
この件、7月下旬に旧わいふ編集室に朝日新聞の記者の方が来られて取材があったのです。
自由な田中さんが何かトンデモないことを言い出だすのではと心配して(?)現Wife編集長の前さんと、近くに住む会員のMさんも立ち会ったのでした。
取材に関するWife編集長の感想はこちら↓↓
新聞の取材に立ち会って

記者さんは
『投稿誌「わいふ」の50年 普通のおんなの証言集』(2013年発行 Wife編集部)
を読んで興味を持ってくれたとのこと。

 

 

50年間の投稿をまとめたこの本が、自身も働く母親だという記者さんの心に響いたならばとても嬉しい😊。
投稿誌わいふは「女の言いたい放題誌」がキャッチコピー。
投稿誌Wifeは自分たちの経験、思ったことをありのままに書くところ。そのスタンスは今も同じ。
その書き連ねられた「本当の言葉」を集めると、時代が見えてくるのです。

取材の際、田中さんは記者さんの
「投稿誌わいふのモットーは何だったのですか」
という至極真っ当な質問に、
「モットー? そんなものないわよ〜」
と返したっていうから、
「それじゃあ記事にならんだろう!」
とMさんは心の中でツッこんだそうですが、
さすがプロ、記事はしっかりまとまっていました。
でも、この田中さんの、なんでもOKの自由さ、懐の深さが
多くの女性たちからホンネを引き出したのだと思います。
インタビューに答える田中さん
田中喜美子さんは91歳ですが今もお元気で、時々訪れる会員たちのおしゃべりにつきあって下さいます😊。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。