書くことでつながる女性たちの広場 投稿誌Wifeとともに

『権力を恐れず真実をー米国下院議員 バーバラ・リーの闘いー』あいち国際女性映画祭2022

Wife会員の柳澤幾美さんから、愛知国際女性映画祭の案内がありました。
『権力を恐れず真実をー米国下院議員 バーバラ・リーの闘いー』(原題 Speaking Truth To Power)があいち国際映画祭で日本初上映されます。
上映日:9月8日(木)午後1時40分〜
会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1 
以下、柳澤さんからのメッセージです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米国連邦下院議員、バーバラ・リーは、9.11同時多発テロ直後のアフガニスタン攻撃に対して、連邦議会で唯一反対票を投じた議員です。
このドキュメンタリー映画では、反対票を投じた後、「大統領の権限の際限なき拡大に断固として反対する」と力強く語る彼女の姿が紹介され、その他のさまざまな彼女の活動を追っています。
映画には、ノーベル文学賞受賞作家のアリス・ウォーカーや、最年少で連邦下院議員になったアレクサンドリア・オカシオ=コルテスなども登場します。

現在、日本ではまさに民主主義の危機とも言える状況にあります。

「アフリカ系女性」という枠を超え、権力に対して果敢に立ち向かい、「社会正義」を貫く彼女の姿は、まさに政治家のあるべき姿を示していると言えます。

彼女の得票率は、最近は9割を超えています。
映画を見れば、その理由がよく理解できるように思いました。
上映会当日は、バーバラ・リー本人からのビデオ・メッセージや、アビー・ギンズバーグ監督のオンライン・トークも予定されています。
上映後のトークイベントには、私も登壇する予定です。
ちなみに、私も知らなかったのですが、彼女の父親の再婚相手は日本出身の女性だったそうです。
私はバーバラ・リーに感銘を受け、この映画の日本語字幕版作成のために奔走しました。
多くの皆さまにぜひご覧いただきたいと願っております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※前売り券(1,000円)はローソン・チケットなどで購入できます。
当日券(1,300円)は、会場で購入できます。
映画祭での上映の案内はこちら
https://www.aiwff.com/2022/films/overseas_special_offers/537/
『権力を押しれず真実を』予告編はこちら↓
英語ですけど、雰囲気は伝わります(^^)
https://www.youtube.com/watch?v=ONyPBqR6Yes

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。