書くことでつながる女性たちの広場

出櫃(カミングアウト)―中国 LGBTの叫び 横浜シネマリン

410日(土)〜 横浜シネマリンで、中国に住む性的マイノリティの若者に密着したドキュメンタリー「出櫃(カミングアウト)」の上映がはじまります。東京ドキュメンタリー映画祭2019 短編部門グランプリ受賞作❗️
4/10(土) 12:00~の上映終了後には、 房満満監督が登壇して、会場の皆さまと質疑応答も予定されています。
房満満監督
旧い社会通念が根強く残る中国で、ゲイ、レズビアンに理解を求める子と親の、率直で激しい葛藤が描かれています。
場所が変われど程度の差はあれど、親と子の葛藤と許しは永遠のテーマなんですね…。

房満満監督は地元政府と癒着して環境汚染する企業相手に闘うNGO、新型コロナ感染爆発のため封鎖された武漢の実態など、中国社会の矛盾のなかで懸命に生きる人々を描く作品を作っています。
シッカリ感染対策して鑑賞しましょう〜 😉

◆上映会お申込み受付中!!
下記までお気軽にお問い合わせください
パンドラ(kibou@pan-dora.co.jp
 TEL: 03-3555-3987  FAX: 03-3555-8709

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。