書くことでつながる女性たちの広場

今、イチ推しのドラマ、ありますか!?

おうち時間が増えて、TVドラマを観ることが多くなったでしょうか?とはいえ最近はYou TubeやNetflixなど動画配信サービスもあるから、昭和の時代みたいに「みんなが同じドラマに熱狂する」って言う現象はもう起こらないかな……いや、昔の人気ドラマだって、実は「みんな」見ていたわけじゃない⁈ Wife編集長のブログが面白いので転載します。
「半沢直樹みてる?」―我が息子も含めて、30代、40代、50代の男性たちが合い言葉のように言っていた。ステイホームと重なり、その時間帯に、お父さんたちがこぞってテレビの前に座ったのだろう。大人気なのは、視聴率が物語っている。でも、私は一度も見たことがない。あの時間枠の、今までの零細工場逆転劇ドラマも、毎回熱心に……などという魅力は感じなかった。男と女の違い、だろう。
大昔の子育てのころ、「北の国から」が大人気だった。まだかろうじて父親の役をこなそうとしていた元亭主は、その時間のチャンネル権を絶対に譲らなかった。特に地方で育ち、都会でひとり社会の波に飲み込まれそうになっている男たちにとって、「北の国から」の設定はバイブルのように輝いていたらしい。私もお付き合いで毎週欠かさず見てはいたが、見れば見るほどツッコミどころ満載のドラマで、のめり込めない。滑稽にすら見えてしまうのだ。そんな私の冷ややかさは、きっと相方にも伝わっていたのだと思う。つくづく、男と女の違いを感じたものだ。
当時は、そのドラマを心から楽しめないのは私が異分子で、「亭主が好きな赤烏帽子」になれない私がいけないのだと思っていた。しかしのちに、仕事仲間の女性たちのほぼ全員が、「北の国から」なんて見たことないということを知った。友人たちとレンタカーで北海道を旅したときにも、富良野に作られていた「北の国から」観光セットに興味を示したのは私だけだった。みんなが大好き、みんなが見ている、みんながそう思っている―というメディアのことばを信じてはいけない。みんなが好きでも、私は好きでない、ちょっと引っかかる、そんな自分の思いを大事にした方がいいと、改めて思う。
私は学生時代、友達に「昨日の山口百恵の『赤い◯◯』面白かったね!」と言われて、見てもないのにウンウンと曖昧に笑っていたなあ。私も「半沢直樹」はどうもね、社畜だった頃の傷が疼いて面白く見れません😓 私の好きなドラマは「家政夫のミタゾノ」。シリーズ再開を心待ちにしてます❤️
皆さんのイチ推しドラマも教えてくださいね😊

関連記事

    • 丹圃るな
    • 2020年 9月 30日

    私はいまユーネクストで天地茂の「明智小五郎」シリーズを見ています。
    途中で寝ちゃったりしてあまり真面目に見ていないのですがそれは子ども頃にほぼ全部見ているから。
    中学生の時だったか、すでにその時再放送の夕方枠だったかもしれません。見直して驚いたのは「裸」がこんなに出ていたなんて。だからあんなに熱心に見ていたのか?有名女優さんが脱いでいるのではなくて、明らかに裸の場面は別の方がカラダだけ代役。先日はNHKで「けものみち」の再放送をしていました。松本清張が名取裕子、山崎努とお喋りしている。和田勉も出てきました。豪華すぎてクラクラです。
    いまのドラマも面白いですが、昭和のドラマの方が刺激が強くて好きです。
    愛川欽也と川島なお美の考古学者シリーズも好きだったなあ。

    • kemkem
    • 2020年 10月 01日

    「裸」〜(笑)、そういえばいつからだろう?TVドラマから「女の人の裸」が消えましたねえ。あれは何年くらい前だったか、2時間サスペンスドラマでは、他局で次の番組開始になる10時ごろに、ストーリーに関係なく、露天風呂での混浴シーンが挟まれる、ということもありました。
    古い話では、堺正章や樹木希林が出演していた「時間ですよ!」で、銭湯の女湯の脱衣場のシーンなども堂々と電波で流れておりました。学校で男子が嬉しそうに騒いでいたなあ……
    子供が中学生くらいの頃、同級生のお母さんが、「失楽園」を子供と一緒に見ていたらラブシーンが激しくて、なんか気まずかったけど、子供も興味津々だったから一緒に観た、これも教育よねーとか言っておりました。昔はいろいろインパクトのあるドラマ多かったですね!

    • 安芸
    • 2020年 10月 02日

    テレビののドラマを見ません。

    こどもが小学生の時に、太陽にほえろを一緒に見たのが最後?

    朝ドラは一度も見たことがない。

    大河ドラマは家族一緒で次男が私の膝に乗っていた記憶があるけれど、

    何のドラマだったか・・・

    あつまりで、テレビが話題になった時は、静かに聞いて参加しています。

    夜、家にいて、テレビの前に座っている時間が惜しい、それだけのことなのですが・・・

    • kemkem
    • 2020年 10月 04日

    安芸さん、朝ドラ、一度も見たことがないとは!主婦になったら朝ドラは見なければいけないのかと思っておりました。ま、視聴率からすればそんなハズはないよね!
    「みんなが見てる」と言う話は、いまも昔もマユツバなんでしょうね……
    でも、たとえ視聴率は低くても、心に響く、キラリと光る作品なんかもきっとあるはず。
    みなさま、お気に入りの作品、あったら教えてくださいね!

    • 横山
    • 2020年 10月 04日

    私はドラマ結構見ます。
    アマゾンプライムでまとめて一気に見ることも多いです。

    これまで見た中でのイチオシは「コウノドリ」(2シーズンあります)です。
    周産期医療、出産前後にまつわる様々な問題がリアルに描かれていて、毎回一瞬も目を離さずに見ていました。何度涙を流したことか。

    他には「義母と娘のブルース」「逃げるは恥だが役に立つ」もよかったです。

    朝ドラは「花子とアン」以来ずっと見ていますが、いつもツッコミどころが満載ですね。腿上げ15分のタイムキーパーとして、文句言いつつ見ています。

    • Y
    • 2020年 10月 04日

    私も「逃げ恥」は大きくなった子どもたちと家族そろって楽しみにみました。テレビないので一足遅れて動画配信で。
    「僕らは奇跡でできている」も、後味ほんわかしてよかったですが、うちの家族に言わせると「ふつうでしょ」って。そうか、どうして私がいいと思ったかというと、「こういう人、うちだけじゃないんだね」とほっとさせてくれるからだったんですね(苦笑)。
    「きのう何食べた?」は漫画もドラマも大好きです。相手を大切にするやり取りが優しくて。
    職場でたまたま見た「ドクター彦次郎」も結構面白かったです。
    「コウノドリ」今度見てみたいと思います^^

      • 横山
      • 2020年 10月 06日

      ちょうど「僕らは奇跡でできている」をアマゾンプライムで一気に見たところです。おもしろかった!
      泣いたり笑ったりしながら、2日間で全部見ました。

       ああいう、型にはまらない子たちが生きづらくならないように、逆にその特性を活かしていける親(サカナくんのお母さんみたいに)になるのは難しいですよね。
      苦悩するお母さんたちの気持ちがわかります。
       あと、自分の問題をすり替えて人のせいにしてイライラするっていうの、身につまされました。

    • kemkem
    • 2020年 10月 06日

    コウノドリ、私は見てないけど、これはかなり面白いみたい。知り合いの息子さんが医学部生だったのだけど、このドラマを見て、産婦人科医になる!と決めちゃったからね。実家は内科の病院なんだけどな……(>_<) 「逃げ恥」も「きのう何食べた」も、平成っていうか、令和っていうか、時代の価値観の変化を感じますね〜、昭和のドラマにはこういうホンワカ感はなかったと思うなあ。面白いなあー

    • kemkem
    • 2020年 10月 08日

    「僕らは奇跡でできている」、Yさんと横山さんのコメント読むと、俄然興味が湧いてきちゃいますね!
    「型にはまらない子供」っていうと昔は「窓際のトットちゃん」とか(朝ドラにもなったような?)、すごく限られた、特殊な才能を持った人、っていうイメージだったけど、今は一般的に許容されるようになったってことかな。
    気になったドラマは放送終わっても(多少お金はかかるけど)見れる、っていうのも、今の時代ですねー!

  1. この記事へのトラックバックはありません。