書くことでつながる女性たちの広場

コロナ騒動に向き合う その4

引続きコロナ騒動に向き合う日常のレポートです。2月下旬の一斉休校通達、影響は学校以外の場所にも及びました。
給食キャンセル!! 
我が家は製麺業。3月になって突然、学校が休校になった時は驚きました。学校に通うような年ごろの子供はウチにはいませんが、学校がやってないってことは?すでに注文の入っている小中学校の給食は?えっ、、、全キャンセル?、、ですよね。
がーん!😱
そうとわかるまでに少し間がありました。誰にも文句言えるものでもありません。厳しい痛手ですが、こんなことは、世の中にはごまんと起こっていることでしょうね。
学校がいつから始まり、給食がいつから再開するのかよくわかりませんが、4月に入り、この時期は毎年、今年度の学校給食の納入契約を交わす時です。明日、あさってと、20校近い学校に出向いて、今年の給食納入のための契約書を交わします。契約はしたものの、、、、
早く普通に学校に行き、授業して、給食食べて、の日常が戻って来て欲しいと思うのは、親御さんのみならず、中小企業の、うちみたいな製造業なども、日々、痛感するばかりです。

☆コロナ騒動に向き合う日常については、次号Wife391号(2020年5月発行)にも特集しています。購読希望の方はinfo@wife.co.jpまでご連絡を!

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。